トップページ > 経営状況

経営状況

決算情報

経営指標

外部監査報告書

都財政支出の受入状況等

人件費等の状況

事業報告書

経営計画2022

当社を取り巻く経営環境の変化を踏まえて、様々な課題の解決を図り、成長し続けるための取組を定めた「東京交通サービス株式会社 経営計画2022」(計画期間:2022(令和4)~2024(令和6)年度)を策定しました。
本計画における取組を着実に実施し、交通局事業を支えてまいります。

経営計画2022経営計画2022

Get ADOBE READER

経営改革プラン

東京都政策連携団体として、2021年度から2023年度の3年間で重点的に進めていくべき経営改革の取組をまとめました。

経営改革プラン2022年度改訂版経営改革プラン

Get ADOBE READER

CSRの取組

社会の一員として。東京都政策連携団体として。当社では以下の取組を行っています。

環境

当社は、東京都交通局が経営する都営地下鉄、東京さくらトラム(都電荒川線)、日暮里・舎人ライナー、水力発電など各事業の保守管理を行っていますので、保守のフィールドは都内の広範囲にわたります。この特徴を活かし、社員一人ひとりが保守現場や保守現場までの往復で駅や車両を利用する際に、ごみ拾いなどの環境美化活動を日常的に実施しています。

画像:駅周辺の美化活動(交通局と合同)

駅周辺の美化活動(交通局と合同)

社会貢献

東京都交通局や協力会社と協働し、「すばらしい多摩川をいつまでも守る取組」として、地元自治体等が主催する多摩川の清掃大会に参加しています。

画像:多摩川清掃大会の参加風景

画像:多摩川

多摩川清掃大会の参加風景

企業統治

社員一人ひとりのコンプライアンスに関する意識の普及・啓発を図るため、全社員を対象にコンプライアンス研修を実施しています。また、業務内部監査を実施し、必要な改善を講じるとともに、その結果を役員会等で報告し課題の共有を図っています。
重要なステークホルダーである各協力会社と定期的に安全会議や様々な教育・訓練を合同で実施しています。

ページトップへ戻る

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

お問い合せはこちらから 電話:03-5833-7736

TOKYOテレワークアプリ

このサイトについてサイトマップ